生存率 | 大森・平和島の歯医者・矯正歯科なら55歯科医院

お知らせ

生存率

2016/01/19

ガンの話ではありません。

新聞記事によると、かかりつけの歯科医院があるかないかで、高齢者の6年後の生存率に

差が出るかどうか調べたお医者さんがいます。

65歳以上の1万5千人余りを対象にしたこの調査では、かかりつけを持つ人の生存率は91%で、

持たない人に比べると11ポイントも高かったそうです。

当然といえば当然の結果です。

「歯が悪くなってから歯科医に行くのではなく、予防の為の定期受診を心がけてほしい。」

と記事は締めくくってます。

 

歯医者が言うと、商売っ気だしちゃって、になりますが、お医者さんが言うと俄然説得力が増しますね(笑)

ぜひみなさん、

55歯科医院をかかりつけにして、検診を受けて下さいね! (^◇^)

 

 

と、

ありがちなブログもいいですが、なんかフェアじゃない気もします。

他の業界から、うちだってって手が上がりそうです。

いろんな業種でも調べてみたくなりますね。

 

行きつけの(笑)コナミスポーツがある高齢者と、そうじゃない高齢者。

サプリメントに、月に千円以上かける高齢者と、そうでない高齢者。

カラオケに、月に2回以上行く高齢者と、行かない高齢者。

カラオケに行くと必ず越路吹雪を歌う高齢者と、そうじゃない高齢者。(うちのオカン、元気もりもりです)

行きつけのスナックがあるおじいさんと、

そうじゃないおじいさん。(うちの患者さん、ママに15歳サバよんでるそうです)

綾小路きみまろのライブに行くおばあさんと、

そうじゃないおばあさん。

毎週、笑点を見る高齢者と、見ない高齢者。(なかなかのストレスのような気もします w )

 

ぜひ、誰かに調べてもらいたいですね。

 

ページトップへ