タバコと歯周病の関係 | 大森・平和島の歯医者・矯正歯科なら55歯科医院

お知らせ

タバコと歯周病の関係

2015/08/20

20%。

喫煙率が20%を切ったそうです。

 

200~300種類。

タバコの煙の中のタール、ニコチン等の有害物質や発がん物質の種類。

 

6倍。

喫煙者の、歯周病になる危険性は非喫煙者の6倍。

 

さらに喫煙者は免疫機能が低下し、症状が重症化しやすいともいわれてます。

歯科で行う手術の後の傷の回復、つまりは歯周外科やインプラント治療後の予後も

大きく低下します。

あなたの歯ぐきが腫れてなくて、ブラッシング時に出血しないのは、

本当に健康だからでしょうか?

もしあなたが喫煙者だったなら、それは見せかけの健康の可能性が大きいです。

タバコが歯周病の症状を分かりにくくしているんです。

悪戯心から始めて、いつしか習慣的になった喫煙が、人生の後半戦で効いてきます。

人生の後半を入れ歯で過ごしたくなければ、やはり禁煙をお勧めします。

そしてその浮いたタバコ代で、美味しいものを食べたり、遊びに行ったり、

歯ブラシを買ったり、フロスを買ったり、55歯科医院でクリーニングをしたり

していきませんか?(^^)

ページトップへ