お子様を虫歯ゼロにするには | 大森・平和島の歯医者・矯正歯科なら55歯科医院

お知らせ

お子様を虫歯ゼロにするには

2015/07/10

55歯科医院、歯科衛生士の岡部です。

 

お母さんたちは、お子さんには一生虫歯にならずに過ごしてほしいですよね。

出産予定、あるいは乳児期のお子様をお持ちでしたら、できることがあります!

 

お子様が、1歳半から2歳半にかけての時期に、

むし歯の原因菌であるミュータンス菌が集中的に感染します。

この時期は「感染の窓」と呼ばれています。

 

この時期にお母さんが口の中を清潔に保っていると、赤ちゃんへのむし歯菌の感染を防ぐことができ、

その後はずっとむし歯菌が感染しにくくなりますよ。

 

逆に、この時期にお母さんの口の中にむし歯菌がたくさんいると、

ほぼ確実に赤ちゃんに感染してしまいます。

 

いったんむし歯菌が感染すると、どんなに熱心に歯磨きをしても、

むし歯菌は簡単にはなくなりません!

この時期のむし歯菌への感染が、お子さんの生涯の虫歯のかかりやすさを左右するのです。

 

そのためお母さんや保育者が砂糖を控えること、ふだんからちゃんと歯磨きをしていることが大切です。

未治療の虫歯があったり、たえずお菓子を口にしていると、お母さんのお口の中の細菌に占める

ミュータンス菌の割合が高くなり、感染の危険性も高くなるのです。

 

お子様が「感染の窓」の時期に入る前に、むし歯治療をすませ、

定期的にクリーニングをしてミュータンス菌の数を少なくしておくのが理想ですよね。

 

 

ページトップへ